高気密・高断熱の住まいづくりセミナー

家を建てたり、リフォームなど、かなりの高額な買い物になるので絶対に失敗したくないですよね。

では、どこに相談しようかと、ハウスメーカー・工務店選びに困る方もいらっしゃるのではないでしょうか。

十分な性能を持つ本当に信頼できるハウスメーカー・工務店を探すのは大変なことです。

「高性能な住まいの相談室」では、専門家の立場で厳選した本当に信頼できる高性能なハウスメーカー・工務店を無料でご紹介するサービスを行っています。

家は高気密・高断熱の高性能の住まいであることが大事です。

残念なことに、我が国の住宅の性能は、先進国で最低の水準なんだそうです。



ほとんどの先進国では省エネ基準への適合が義務なのに、我が国には適合義務がありません。

また省エネ基準自体が、先進国や中国などに比べても非常に緩い水準になっています。

つまり、他先進国に比べて、日本の住宅は低気密・低断熱の住宅が多いのです。

日本の住宅の窓の断熱性能は、他先進国に比べて極めて低いため、夏は暑く、冬は寒い住まいとなっています。

 

低気密・低断熱の家に住むことは健康に大きなリスクを伴います。

室内の温度差が生むヒートショックなどです。

また、暖かいリビングから、寒い脱衣室、浴室、トイレなど温度差の大きいところに移動するとカラダが温度変化にさらわれて血圧が急変、脳卒中や心筋梗塞などを引き起こすおそれがあります。

冬場はヒートショックに気を付けて下さい、とよくテレビでもやってますよね。

それだけ日本は、ヒートショックになられる方が多いのです。

我が国では、冬に結露が生じるのが当たり前ですが、欧米の住宅では、結露が生じると建築業者は責任を問われ、修繕しなければならない国が多いそうです。

高気密・高断熱の住宅は、結露が生じにくいため、カビ・ダニが発生しにくく、喘息・アレルギーなどのリスクが低減されます。

また高気密・高断熱住宅に転居した調査対象者の約7割の方の睡眠効率が上昇しています。

高気密・高断熱の家は、室内の壁面の温度が外気の影響を受けにくいため、体感温度と室温が近くなります。

夏は冷房温度を高く設定しても快適だし、冬の暖房温度を低く設定しても暖かいということです。

一般的な性能の住宅の建築費に概ね100~200万円程度追加するとかなりの高気密・高断熱住宅にすることができます。

一方、冷暖房に掛かる光熱費が安くなるため、住宅ローンの支払い増加額よりも光熱費の削減額の方が大きいので、お得になるケースの方が多いです。

家を建てる際には、家の燃費性能を意識しながら仕様を決めることが大切です。

高気密・高断熱の家がいかに大切であることがわかりましたが、家を建てる前に絶対に知っておきたい、気密・断熱性能についてわかりやすく学べるセミナーがあります。

高気密・高断熱の住まいづくりセミナー

~~~開催日:2019年2月17日(日) 13:30~15:30~~~
 場所:東急セミナーBE たまプラーザ校(たまプラーザ駅直結)
 定員:定員16名

ぜひ足を運んでみてください。

コメントの投稿

Secret

プロフィール

tea

Author:tea
新しいことの発見、美容関係・雑貨・家電製品・サプリ・料理スイーツなどに興味があります。モニター歴は10年です。

商品紹介・モニター・オススメの情報など紹介しています。

きれいな写真と正直なレビューを心がけています。
よろしくお願いいたします。

アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
ランキング
にほんブログ村 美容ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 美容ブログ ビューティーライフへ
検索フォーム
おすすめサイト
ブログ広告のアドブログ

商品モニター、ブログリポーター専用のサイトは「ブロネット(Blonet)」で!



120・60.gif




QRコード
QR
リンク